高野山にて研修 ~自民党政策集団・志帥会~

 去る8月19日20日のスケジュールで志帥会(しすいかい・二階派)の高野山研修に参加して参りました。

 

 当日は、まず「稲むらの火」の現場である和歌山県広川町で津波防災について勉強した後、高野山の宿坊へ。ご住職のお話を頂戴したのち、食事をいただきました。食事後は深夜2時まで喧々諤々の議論。翌朝は朝5時に起きて勤行に参加させていただきました。

 高野山の神聖な空気、弘法大師様の世を思う心に触れ、気持ちも新たに自らなすべきことにまい進していきます。

 メンバーの先生方、スタッフの皆様方、マスコミの記者の皆様と「同じ釜の飯」(下の写真をご参照。)を頂きながら、本音の議論ができたことは大変、大きな刺激を受けました。

 なお、今般、わが地元の市川三郷町にある宝寿院の広瀬御住職が高野山真言宗財務部長にご就任されました(当日は、残念ながらすれ違いとなってしまいました。)。

※長崎幸太郎Facebookの投稿より
 From 衆議院議員 長崎幸太郎事務所


Comments are closed.