都留文科大学付属小学校の安全対策

都留文科大学付属小学校の校舎裏を現地視察して参りました。
ここは、裏山が急傾斜地となっており、土砂災害の警戒区域になっています。
当初、「26年度以降」に防災工事を措置することとされていましたが、地域の避難所であり、何といっても子供の安全のことなので、国と県に働きかけを行い、なんとか25年度から事業を行っていただけることになりそうです。
これから測量、設計、用地買収、工事という順で進められることになりますが、一刻も早く防災設備を完成させるべく、引き続き、頑張って参りたいと思います。

 

 


Comments are closed.