今こそ、脱原発・再生エネルギーシフトへの工程表づくりを

思考停止を脱却し、本格的で生産的な議論を。

私は、原発問題については、一部の議論にあるように何でもかんでも「原発マネー・原発村」で解説するような論には与しません。このようなゴシップ誌的な陰謀論は、電車の中で読む週刊誌の小説としては面白いかもしれませんが、政策論としては、日本の将来に対して大きな禍根を残す「思考停止」以外の何ものでもありません。「電力」という私達の生活や日本の経済に不可欠な基礎的エネルギーの行方に関しては、本格的で生産的な議論を行わなければなりません。

長崎幸太郎の基本的スタンス:現実を踏まえつつ、「脱原発、再生エネルギーシフト」

はじめに申し上げますが、今の私の立場ではマスコミ報道以上の情報を手にすることができないこともあり、具体的な政策チョイスを具体的なデータをもとに議論することは叶いませんが、この問題を考えるに際しての私の基本的スタンスは以下の通りです。
① 原子力発電は、やはり事故があったときのダメージが大きすぎる。できれば縮小・撤廃するにこしたことはない。
② 他方、これを停止した時の電力供給の絶対量と価格への影響、そしてこれに伴う経済活動へのマイナスの影響は回避したい。供給不足による大規模停電の回避は勿論のこと、昨夏の計画停電や節電も我が国の産業基盤を著しく損なった影響は今後、長期にわたってボディーブローとなって私達の「働く場」を奪っていくため、その回避に全力を尽くす必要がある。
③ そうは言っても、火力発電は、CO2削減問題や原油価格への跳ね返り・貿易赤字の拡大など考えれば、一時シノギとして捉えざるを得ないのではないか。また、再生エネルギーについても、原子力発電の代替としての役割を果たすまでには時間がかかるのではないか。
④ ただし、再生エネルギーが原子力発電に代替するようになれば、それは将来形としては美しいし、今がその転換に向けたステップを踏み出す時なのかもしれない。
⑤ その際、産業に必要な高品質な電力は、街燈や家庭で使用する場合にはオーバースペックであり、使用用途に応じた使い分けを進める手立て(すなわち、スマートグリッドやスマートビレッジなど)を推進するべきである。

すなわち、私は原子力発電問題に関しては、究極的には原発依存を脱し再生エネルギー中心のエネルギー構造を構築するべきであり、その具体的ステップを踏み出すのは、3.11の惨禍を受けた今を置いて他はないと考えます。

「脱原発・再生エネルギーシフト」を実現するためのロードマップ(工程表)の作成

そして、そのためには「脱原発・再生エネルギーシフト」を実現するためのロードマップ(工程表)の作成が出発点です。
当然のことながら、このロードマップは民主党マニフェストのような「言葉遊び」ではなく、徹底的に「現実」に根差したものとしなければなりません。前述の通り、電力問題は、経済や国民生活にダイレクトな影響を及ぼすものであり、そしてこの経済・国民生活は現在進行形であることを踏まえれば、まさに「時間との闘い」です。
この問題に対する民主党政権のこれまでの対応は、為すべき努力を欠いたまま、右往左往しているうちに原発再開せざるを得なくなったのではないかとの思いを禁じえません。
私は再稼働自体を選択肢から外すことは、必ずしも適当だとは考えません。しかし、民主党小沢グループ流に言えば原発再稼働問題こそ「再開する前にやるべきことがあった」のではないでしょうか。暫定的にしろ再稼働する以上は、福島第一原発事故の検証を踏まえ「この程度のリスクはコントロールできる」という確証が必要ですし、代替電力源に関する発掘努力についても全く不十分です。身近なところでみても、例えば地元大月の水力発電所は発電機の増設余地は残されていますし、また、深城ダムをはじめとする各地の水力発電用ダムの浚渫を行えば相当程度の発電能力を確保することができるのではないでしょうか。
私は国会に戻ったならば、この「原発から再生エネルギーへのロードマップ」づくりに全力を傾けて参ります。


Comments are closed.