国道20号・上野原地区の溢水対策

【長年の懸案にトライする~国道20号・上野原地区の溢水対策】

 先日来、国道20号の安全確保のための現地視察を続けています。
 今回は、上野原市の街中、新一地区集会所近辺に行ってまいりました。この場所は、上野原市役所から東京方面に向けて緩い下り坂の最下点になっており、ここから東京方面にかけては短い距離ながらも緩い登り坂になっています。加えて、道路の北側は山の斜面に繋がり、構造的に水が溜まりやすい地形となっています。

 道路沿線の住民の皆様にも立ち会い頂き、大雨の際のリアルな被害状況を教えて頂きました。最近行われた、排水溝の泥の除去により「今のところ」は事態は改善されているとのことですが、ここ最近の日本各地での集中豪雨を考えると、問題なしとは言えません。
 と、いうのも、この溢水ポイントのすぐ近くには、事実上、地域の避難場所となっている集会所も存在し、「いざ、避難!」という際に道路が冠水していては、集会所に辿り着けない事態ともなりまねません。

 視察を踏まえ、道路を所管する国土交通省と抜本対策の話合いを開始しております。進捗次第、またご報告いたします。
From 衆議院議員 長崎幸太郎 Facebookより


Comments are closed.