習近平国家主席との会談に陪席

【北京出張報告2 習近平国家主席との会談に陪席】

 一帯一路フォーラムの翌日、16日、二階・習会談の場に陪席させていただきました。

 一昨年、3000人訪中団の前と比較しても、驚くほど「和やか」な雰囲気で終始した会談でした。

 主席は、我が総理大臣からの親書を一読しながら、今般、日本が訪問団を派遣してくれたこと、そして総理親書に書かれたメッセージを重視する旨を発言されました。総理のメッセージと、そして、これまで積み重ねてきた「二階外交」の成果であろうかと思います。

 日中両国の国益がぶつかる部分においては、毅然と対応するのは当たり前ですが、人の常識として、良好な関係が望ましいことは言うまでもありません。

 私も、主席としっかりと握手をさせていただきました。

From 衆議院議員 長崎幸太郎 Facebookより


Comments are closed.