笹子トンネル崩落事故から4年

【笹子トンネル崩落事故から4年】


 本日、2012年の今日、9人の尊い命を奪った笹子トンネル崩落事故の犠牲者に対する追悼式に参列致しました。


 御遺族による追悼の言葉には、胸に迫るものがあります。愛する我が子を失った親御さんが、悲しみと憎しみを乗越えようと葛藤・努力され、「いつかは私たち遺族が応援できるような高速道路会社に生まれ変わって欲しい」という心を振り絞っての訴えが、私の胸の中に何度もこだまします…


 犠牲者ご本人はもとより御遺族の無念は如何ばかりか。また、高速道路会社を始めとする関係者もまた極めて重い十字架を背負うことに対する苦悩も私には感じられました。


 この追悼式に参列する度、私は、「本来、安心して通行されるべき道路」の本来の安全を確保するため、政治に携わる者として、必要な予算の確保こそ、使命であるとの思いを強くします。


 もちろん、予算に無駄は許されませんが、このような事故を二度と起こさないようにすることこそ、私ができる犠牲者への追悼の在り方だと感じました。


 心からのご冥福をお祈りいたします。




From 衆議院議員 長崎幸太郎 Facebookより




Comments are closed.