志帥会訪中団奮闘記(番外編)

 ~旅の終わり。新たな友情の出発点。~

 ハルバ嶺を後にし、また車で2時間。そして空港から飛行機で北京に戻り、この日一日の移動距離は約2,000㎞。4日間の道中の全員の無事を祝い、訪中団の解団式を兼ねた夕食を北京市内の激辛四川料理店で頂きました。

 道中お世話になった外務省のスタッフ、中国側の中国共産党対外連絡部の林副課長、李さんを囲み、鄧小平氏が愛好したと言われる麻婆豆腐を頂きながら、それぞれの感想を述べあいました。

 全員が、今後の日中関係を考えるときに、地方や現場を見ることの重要性を語り、今回の視察が今後20年30年の人間関係の出発点となること、そして、様々なお世話をして頂いた中国サイドの真心あふれる対応に感謝を述べつつ、ようやく持つことができた寛ぎの時間を楽しみました。

 この場をお借りして、拙い「団長」を立てていただいた同僚議員の皆様に感謝するとともに、この企画を整えて頂いた二階事務所の伸康さん、志帥会の永井局長、中連部の林さん李さん、外務省の皆様、更には、各地で温かくもてなして頂いた全ての中国の皆様に感謝申し上げます。

 そして、何よりもこのような貴重な機会を与えて頂いた二階先生に心から感謝申し上げます。

From 衆議院議員 長崎幸太郎 Facebookより


Comments are closed.