上野原・野田尻地区の県道改修

【「地元まわり」で伺った話を ~ 上野原・野田尻地区の県道改修】

 先日、参議院選挙のお願いに上野原を歩いていたところ、偶然、地元の市議会議員の先生と行き会いました。
 その際、「今度、地域の道路の件で相談したいことがある」とのお話をいただき、「では、改めて日を頂き、お伺いします」ということで話が始まりました。
 案件は、県道大月上野原線の野田尻地区の改修工事が、用地も全て買収済みで、工事自体も半分は実施されたものの、残り半分が中断されたままで、再開のメドが立たない、ということでした。
 そこで、早速、地元の区長さん方にもご同行いただき、現場を視察し、その足で、県の建設事務所を訪問して協議をして参りました。現場は、前後が2車線となっているものの問題の箇所が1車線のままとなっており、極めて急なカーブであり、なおかつ、山の北側斜面となっており冬季には雪が積もりやすい状態です。

上野原・野田尻地区の県道改修
上野原・野田尻地区の県道改修
 学童バスの通過経路でもあるため、対策が急務です!と縷々ご説明をして参りました。
 県当局の方々にも深いご理解をいただいた結果、このたび、8月までには工事が発注されることとなりました!!
 地元の皆さまも一安心のことと思います。
 これからも、地元周りの中で出会った案件を一つ一つ、誠実に取り組んでまいります。
From 衆議院議員 長崎幸太郎Facebookより


Comments are closed.