合併効果の発揮が日本を救う ~笛吹市10周年

【合併効果の発揮が日本を救う ~笛吹市10周年】

 先日、笛吹市市制施行10周年の式典に参加いたしました。
 ドイツからのお客様もいらして、シンプルながらも華やかな会でした。

 円安による輸出の「数量」が思いのほか伸び悩んでいるため、末端の製造業への波及が十分には及んでいないなど、アベノミクスがここのところ苦戦している中で、観光と農業が目下のところ外貨獲得への「期待の星」となっています。

 この観光と農業こそ、まさに合併笛吹市の主力産業の柱です。しかも、この二つが有機的に連携することで、農業にも、観光にも大きな相乗効果が発揮されることは、先日、和歌山の巨峰村で学んだところです。
 笛吹川を挟んで農業地帯と観光地帯の双方が一つとなった笛吹市。いまこそ、アベノミクスの救い主となるべく出番です!

From 衆議院議員 長崎幸太郎Facebookより 長崎幸太郎事務所


Comments are closed.