衆議院議長の伊吹先生のコメント

私が所属する政策グループの前会長であり、衆議院議長の伊吹先生のコメントです。

 8月5日、6日の朝日新聞(以下:朝日)は、所謂従軍慰安婦問題に関する従来の報道の一部に、裏付けのない報道や誤解からする報道があったことを認めました。各方面の反響も落ち着いてきましたので、私の感想を述べたいと思います。自己の報道や表現について、誤りや非を仲々認めないメディアが、遅ればせではあっても、検証した事実を率直に報道した姿勢をまず是としたいと思います。しかし、全体のトーンに「方向は間違っていない」等の弁明の雰囲気が漂うことは否定できません。
 韓民族の所謂慰安婦に強制性があったのか、嫌だけれども本人や家族のやむを得ぬ事情からする同意があったのかは、この問題の本質に係るものです。真実は、一人ひとりの当事者の証言と裏付けによってしか分からないのですが、少なくとも「朝日の報道によれば」という強制性の主張は無理になりました。この問題は、礼を大切にした人道上の問題として、両国政府がヒューマンな心情でことを扱い、解決の道筋をつけるべきだと私は思います。しかし人道上の問題だけではなく、日韓の債務・請求権の問題として扱う考えも現実にはあるので、強制性の有無は大切な点なのです。河野談話は「軍の関与」を認めており、日本国政府も河野談話を踏襲するとしていますから、軍の関与の下での委託業者の手によるものであっても、強制性の有無は大切なポイントとなります。朝日はこの点で、裏付けのない「済州島の連行」証言を根拠とした記事の掲載や、慰安婦ではない仕事に動員された徴用挺身隊との混同を認め、確認漏れや用語の誤用を認めています。
 朝日の見出しのように、「慰安婦問題の本質 ― 直視を」は当然です。戦争の悲惨さ、人間の尊厳の毀損、日清・日露戦争での韓半島の戦場化と併合、第二次大戦での韓民族への迷惑は、日本には日本の主張があっても、韓半島の人達に対しては、日本国民が忘れてはならぬ歴史的事実でしょう。この問題を冷静に乗り越え、日韓両国の将来の友好関係を維持するうえで、朝日の裏付けが間違ったり、誤用した報道が双方の国民感情を刺激し、諸々の相互協力を難しくしていることは否定出来ないでしょう。朝日の報道が日本の立場を損なったという批判が多いようですが、日本のみならず実は韓国の国益をも損なったことに対する反省の言及があってもと思うのは私だけでしょうか。
 報道や表現の自由は、立場や価値観が違うからといって抑制されてはなりません。しかし、記事や報道の訂正を訴えられると、メディアが必ず使う、「事実と充分な裏付け取材に基づいた」正確なものであることが、「報道の自由」の前提ではないでしょうか。

From 衆議院議員 長崎幸太郎Facebookより 長崎幸太郎事務所


Comments are closed.