雪害関連:被災農家さんの声を聞いて。。。

 今般の雪害によるハウス倒壊は、まさにフルーツ王国・山梨がフルーツ王国であり続けられるかどうかの瀬戸際です。

 実際に被災された農家の方にお話を伺っていると、どうしようもないやり切れなさに見舞われます。
 「自分は普段は農作業に毎日、日の出前から起きて畑に出ていたが、こうなっては何もできない。今は、朝、起きる気もしなければ、夜、お酒を飲む気もしない。。。」「せっかく、職場を辞めて息子が後継者になってくれたのに。。。」
 
 被災によりショックから何とか前に進んでいただけるよう側面からでしかありませんが、誠心誠意を尽くします。プロとして目立ちはしませんが、現状打破のために全力を傾けます。

 「農家は土地がある限り、その土地で頑張るものだ」という農家の皆様の底力と連帯して、フルーツ王国を何としても、この災害から守りぬきたいです。


Comments are closed.