雪害関連:被災したハウスの再建について

 峡東地区をはじめとして、県内では多くのビニールハウスが倒壊し、施設農業が壊滅的な危機となっています。この再建に向けて、本日、私が所属している自民党政策集団・志帥会(二階派)において議論となり、西川公也先生から「被災農業者向け経営体育成支援事業」を発動させるべく取り組むというお話がありました。
 これは、豪雪被害にあった農家に対して、再建費用の3/10を国が補助するものですが、さっそく、農水省の担当から話を聞いたところ、これまでの事例によると、国の3/10に加えて、県が3/10、市町村が1/10を負担し、残余の3/10を農家が負担し、その負担分については特例融資を活用するというものです。
 これに倒壊ハウスの撤去費用についての対策(秘策があります!)を併せて、何とか農家の皆様に再起していただくよう、仲間の議員とも力を合わせて取り組みます。

From 衆議院議員 長崎幸太郎Facebookより 長崎幸太郎事務所
 ※Facebook本文には訂正事項がありましたので、訂正して本文をアップしております。


Comments are closed.